使い分けた方が安全

印鑑イメージ

印鑑で一番怖いことは、一つの印鑑を使いまわすことです。印鑑に詳しくない人は、印鑑だったらどれも同じだと思っていますよね。
印鑑でも実印で印鑑登録をした印鑑を、何の書類にもペタペタ捺印するのだけは止めて下さい。

実印は、契約書関係で自分の実印を捺印して下さいと言われない限り、使わない方が得策です。捺印と言っても、自分できちんと理解した契約に捺印ですからね。
何も知らないで、言われたままに捺印してしまったのが、保証人の欄でしただと取り返しがつかなくなりますよ。
下手をすれば、その人の借金を背負うことになるのですから…。

一度、実印で捺印したという事は、自分のサインでもあります。
ですから、実印だけは実印で1本印鑑を作ったら常に持ち歩くのではなく、必要な時以外はきちんと保管して下さい。

【印鑑を作成するならこの通販サイト】
印鑑卸売市場は、高品質で激安な印鑑を卸売価格で作成し最短即日出荷!

銀行印も銀行の通帳の届印になりますから、認印を銀行印にするのではなく、きちんと銀行印で作って持っていた方がいいと思います。

とにかく一番活躍する印鑑は、認印ですが認印は漢字の通り、認めの印鑑です。
普段の書類で、シャチハタが使えない時に使って欲しい印鑑です。

印鑑代をケチって使用していて、紛失や悪用されては身もふたもありませんからね。

実印は、何回も印鑑を変えることはまずありません。多分、一度作ってしまえば一生使えると思います。
愛着を持って大事にすれば、印鑑も長持ちするのではないでしょうか。

〔おすすめのネット通販サイト〕

ページの先頭へ