三文判とは?

三文判イメージ

印鑑で良く耳にするのが、実印と銀行印と認印ですが、たまに聞くのが三文判ですが、認印と三文判は何が違うのでしょうか…。

書類の捺印で、三文判じゃダメと言われたら、実印ということになりますよね…。何となく、実印と銀行印は分かります。

認印と三文判は同じという人もいれば、違うという人もいます。三文判は値段が安い印鑑の事を言っているらしいです。

認印の値段は安いのから高いのまで、いろいろありますからね…。
よく、印鑑の3点セットを購入する人がいますが、その人が持っている認印は三文判ではないという解釈で良いのですよね…。
いろいろ考えると頭が混乱してきました。

【チタン印鑑はとても注目されている新素材です】
耐久性、耐熱性に優れたチタン印鑑は、実印や銀行印などの登録する重要な印鑑におすすめです。

昔はよく、三文判という言葉も聞いた記憶がしますが、今実際に三文判と言っている人はあまりいませんよね?少なくとも、私は聞いたことがありません。
全然、基準の位置がわからないので困りますよね。

では、三文判と呼ばれる印鑑で実印の登録や通帳の届出印が出来るのか…。

私の考えでは、認印と三文判が同じ考えなら出来ると思います。

意外に年配の人の方が詳しいのかもしれませんよね。もしかすると、年配の人は三文判という言葉を使っている人がいるかもしれないです。
私の周りには年配の人がいません。今度実家に帰った時にでも、祖父に聞いてみようと思います。

そのうち、三文判という言葉を聞かなくなる日が来るかもしれませんね。私より若い人は、三文判という言葉を知らない可能性があります。
今は、ほとんどの人が認印と言いますからね。

ページの先頭へ